サイコパスが使う心理的攻撃「ガスライティング」とは

【この記事は約 15 分で読めます】


スポンサーリンク

あなたもガスライティングのターゲットに

  • 嘘を周りに吹き込まれる。
  • 些細な嫌がらせをされる。
  • 大勢の前で他人のミスを晒らされる。
  • 仲間外れにされる。
  • 急に仲違い(なかたがい)になった。
  • 物がいつも無くなる

 

もしアナタの身近で、このような事が起きていたら、もしかすると『ガスライティング』のターゲットにされている可能性があります。

 

スポンサーリンク

「ガスライティング」とは

 

ガスライティングという言葉があります。これは、サイコパスなどがターゲットや周りの人に嘘の情報を吹き込み、自分の記憶や正気などを疑うよう仕向ける行為をいいます。

いわゆる洗脳の一種といわれています。

このガスライティングという言葉は、1944年の映画「ガス燈」という、夫が妻を陥れようとするストーリーの海外映画が元になっています。

 

この手口は想像以上に効果があるとされ、どんな人でも、その被害者になる可能性があります。

 

サイコパスに、ソシオパス、ナルシストが良く使う心理的手法で、ゆっくり効果が現れるため被害者は自分が洗脳されていることにも気がつかない事が多いです。

 

ガスライティングを用いる人が使う方法を知ることで、罠にハマってしまう前に、その危険から回避できるようにしましょう。

 

サイコパスが行うガスライティングの特徴

 

あからさまな嘘をつく

見え透いた嘘であるにも関わらず平気で言い続ける。どうして、それほどあからさまに嘘をつくのか?その理由としては前例をつくっているのだとか・・・

 

それまでの発言を否定する

例えば、ある人が「これから、こうやっていく」と発言したことを覚えていたりする。

たしかにそう言っていた証拠もある。なのにサイコパスは、言ってないと否定する。

 

あなたの大切なものを武器として利用する

サイコパスはターゲットにとって何が大切なものかを調べて熟知しています。なので、まずそれから攻撃を仕掛けます。

 

かりにターゲットに恋人がいるなら、サイコパスは恋人が居ることで、どれほど人生に損失がでているだろうか。とか

 

あなたが、こんな人ではなかったら、きっと立派な人間になれますよ。といった風なこと話す事があるかもしれません。

 

サイコパスはターゲットの存在基盤に揺さぶりをかけるようなことをします。

 

時間をかけてジワジワ陥れる

これはガスライティングが悪賢い理由の一つです。サイコパスは、あちらこちらで嘘や偽りの情報を吹き込み、それが少しずつ蓄積していくのを企んでいます。

 

言葉と行動が一致しない

ガスライティングを仕掛けるようなサイコパスに対抗するには、その発言よりも行動に注意が必要です。

サイコパスから発せられる言葉に意味はありません。ただのお喋りです。問題点は、その行動にあります。

 

下げたり、持ち上げたりで混乱をさせる

サイコパスは今までターゲットを低能な奴だと、こき下ろしていたのに、今度は逆にターゲットの行為を褒め殺し始める。これもまた混乱を招く。

 

ターゲットを混乱させれば弱ることを知っている

ガスライティングを行うようなサイコパスは、人が誰でも安定や正常の感覚を感じたい事を熟知しています。

 

目的は、その情報をを引っこ抜き、ターゲットに、あらゆる事に対して疑問を抱かせるように仕向けます。

 

責任転嫁(せきにんてんか)をする

サイコパス自身の行動に問題があるのに、それを突然ターゲットのせいにしてきます。それを何度も繰り返されるとターゲットは自分を弁護しようとします。

 

このようにしてサイコパスは自身の問題行動から視点を逸(そら)そうとします。

 

ターゲットに反感を持つように仕立て上げる

ガスライティングをする人は、人を操ることに長けています。誰かを味方につけては、ターゲットを悪人に仕立て上げていきます。

 

その上で「みんなアナタの事をこう思っていますよ」「アナタのこういった所が良くないって皆が言っています」とターゲットに吹き込む。

 

忘れていは行けないのは、このような発言を皆が話しているわけではないうことです。皆という言葉を使い、身勝手な多数決で勝とうとします。

サイコパスは四六時中、嘘をつきます。

 

周囲の人たちにアナタの頭がおかしいと吹き込む

これはガスライティングを行うサイコパスにとって、もっとも有効な武器となっています。

 

一旦、周囲の人がアナタを疑うようになってしまうと、いくらその潔白を証明しようとしても、真面目に取り合ってもらえなくなってしまいます。サイコパスはそれを知っています。

 

周りの人は誰もが嘘つきだと言ってくる

家族やマスコミも含めて、すべての周りの人間は、誰もが嘘つきであるとターゲットに吹き込むことも、現実を疑わせ、ぐらつかせる手法です。

 

わざわざそんな分かりやすい嘘を吐く人など居るわけがない、だから、その人は普通の人だと信じてしまいそうになる。

 

それこそが人の心を操作するテクニックになる。アナタは正しい情報を求めて、気づかぬ間にサイコパスに正しい情報を求めるようになってしいます。

 

しかし、サイコパスが話す事は殆どがデタラメばかりです。

 

ターゲットの精神状態を錯乱させ、孤独に陥れ、頼れるものはガスライティングを行うサイコパスだけと信じ込ませます。そして知らず知らずに罠にハマってしまいます。

 

ガスライティングを行う目的とは?

サイコパスが、ガスライティングを行う場所として多いのが職場です。特定の人を職場から追いだすのが目的です。

 

日数をかけてジワジワ、ガスライティングを仕掛けて、そのターゲットになった人は精神的に追いやられ、職場から姿を消します。

 

このように職場からターゲットにされた人を追い出すためにガスライティングをは行われます。

 

ガスライティングに気づかず退社を迫られたターゲットは、自己都合の退職とされ、サイコパスとしては合理的にターゲットを追いやることが出来きます。

 

合理的にターゲットを追いやって、職場から追い出したりするのがガスライティングの目的とも言えます。

 

どんな行為がガスライティングなのか?

 

上記でも書いたような事がガスライティングですが、さらに具体的にお伝えすると、特定のターゲットに対して集団で仕掛けたりもします。例えば職場で

1.ちょっとした嫌がらせ

2.嘘の情報を吹き込む

3.まわりの監視

4.仲違いをさせる

 

ガスライティング①嫌がらせ

職場でされるガスライティングにあたる1つ目の行為「ちょっとした嫌がらせ」には以下のようなものがあります。

・ターゲットのパソコンの位置を少し変える

・ターゲットの机の位置を少しずらす

・ターゲットの椅子の高さ変える

サイコパスはこれらの行為をターゲットが居ない間に繰り返しやります。ターゲットは自分の持ち物などの位置や状態が変化するたびに、自分がおかしくなったのかな?!と思い始めます。

 

また人に相談しても実際の害がないため信じてもらえず、逆におかしい人だとレッテルを貼られてしまいます。

 

ガスライティングをされ続けるとターゲットは周りの人間や自分の感覚が信用できなくなってしまい、精神的に追い詰められ、孤立してしまう事があります。

 

ガスライティング②嘘の情報を流す

ガスライティングの2つ目は、ターゲットに対する嘘の情報の吹き込みです。ターゲットを孤立させるために「○○さんの事、職場のみんなが嫌ってますよ!みんな嫌ってます」みたいな嘘です。

 

ひとりの人に、そう言われるならまだしも、複数の人にそのように言われてる、思われてると感じると、それが本当なのかと信じてしまいそうになります。

 

このようになってしまうとターゲットにされた人は、周りの人のことを信じるチカラを失ってしまい、どんどん孤立してしまいまうのです。

 

明らかに黒いものを、他の複数の人達が白だと言えば、多数決で負けるように自分の感覚がおかしいのか?と錯覚し次第に頭がおかしくなってしまいます。

 

ガスライティング③周りの監視

ガスライティングの行為③周りの監視、②番の行為、嘘を吹き込まれた事によってターゲットは悪者扱い。

 

その結果周りからは常に行動を監視されるような環境に追いやられ、精神的にも追い詰められます。

 

監視されてしまうと、ずっと自分が疑われていると感じ、ターゲットは精神が狂ってしまいそうになります。

 

ガスライティングの行為④仲違い

ターゲットが特定の人と仲良くしてると、仲良くした人に対して仲違いする様に嘘を吹き込んで洗脳させて、悪く印象付けを行い、仲良く出来ない心理状態に追い込みます。

例)

サイ子
アナタと仲の良いBさんが、アナタの悪口言ってるの私聞いたわよ!

A子
嘘だ・・・まさかあのB子が私を裏切るなんて・・・許せない・・
このような感じで、サイ子に、Bに対する嘘の情報をA子に吹き込み、結果的にA子とB子は、次第に会話が減り、仲良くできなくなってしまうのです。

ガスライティングだけでは警察は動かない

これまでの文章を読んでいただいてサイコパスの行う『ガスライティング』という行為がいかに恐ろしいか理解していただけましたでしょうか?

 

普通はココまで精神的に追いやられたら警察に相談したいと思う方も沢山いるとおもいます。

 

しかし現状ではガスライティングを取り締まるという法律がないため、加害者を逮捕してはくれません。

 

ガスライティングは、人の人生を狂わしてしまうほどの超悪質な行為です、しかし日本では、そのような法律がないため、法律上では犯罪行為として認められてないのです。

 

しかしガスライティングを行うようなサイコパスなどの加害者たちを取り締まる方法がまったく無い、、という訳ではありません。

 

ガスライティングの対策法

 

これほどの嫌がらせが起きていても法律がないため警察は動いてくれません。その為ガスライティングの対策法としては

 

探偵に依頼して、加害者の悪事の証拠を集めてもうらうという方法です。

 

 

このような悪事を行うサイコパスやガスライティングを行う人は、常日頃から、ずる賢く犯罪に手を染めていることが多いです。

 

特にサイコパスのような良心の呵責がないような人格者であれば、必ずといっていいほど、何かをやらかすハズです。

 

要するにガスライティングの証拠というより、法で取り締まれる別の悪事の証拠を探偵に集めてもらうのです。

 

確実な方法とは言えませんが、別の事件で警察に通報する事ができるかもしれません。

 

まとめ

 

サイコパスや悪い宗教家が行うガスライティングとは本当に恐ろしい心理的手口です。

 

このブログを通じて、このような手法が行われるこあることを知っていただけると、今後のサイコパスを見破る手段になるかもしれません。

 

またガスライティングは被害者の人生を狂わせる悪質な行為です、被害者を精神的に病み、職場では孤立し、最悪、自殺をすることだってあるのです。

 

しかし、ガスライティングそのものを警察に相談しても、警察はうごいてくれません。日本にはガスライティング行為自体を取り締まる法律がないからです。

 

そのため、取り締まってもうらう為には別の犯罪で取り締まってもらうとういう方法しかないのです。

 

それには加害者が犯罪行為をした証拠が必要になります。それを探偵にお願いするのも良いと思います。

 

サイコパスによる嫌がらせがエスカレートする前に!

職場でのガスライティングなどの嫌がらせがエスカレートする前に対策は必要です。

 

上司でも解決できない場合、事件解決にプロにお願いするのも手段です。

 

原一探偵事務所なら24時間365日、無料でご相談を受け付けています。


無料で相談出来ますので、ぜひ活用しましょう。

 

またガスライティングに探偵がオススメな理由は、次回のブログに掲載しようと思っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事