サイコパスラボがオススメするの書籍

【この記事は約 3 分で読めます】


スポンサーリンク

サイコパスの行動を具体的に伝える

 

サイコパスの行動や被害を人に伝える時に、自分自身がどんなに一生懸命に説明しても、その被害行動を理解してもらえなかった経験はないでしょうか?

 

そう、私自身もそのような経験があり悩まされてきたのです。人というのは自分が体験していないようなことは、他人から話だけ聞いても、なかなか想像ができず、頭でイメージが出来ないものです。

 

その時、役に立ったのがこれらの書籍でした。サイコパス関連では今ではいろんな書籍がありますが、実際、私が目をとおして、わかりやすかったもの、サイコパスの特徴を人に伝えて理解してもらいやすかった2つの書籍を紹介します。

 

図解あなたの近くの危険な人物!サイコパスの話

人に話しても理解してもらえないサイコパスの行動。これを自分で読んで、それを理解してもらいたい相手に説明の際に読ませると、非常に理解してもらいやすいとおもいます。実際、私がサイコパスの話をした際に、行動を説明する際に利用した本です。

サイコパスの行動は口で説明しても周りの理解がないですが、この図解を見せながら説明すると、すんなり頭に入っていくようです。

 

 

まんがでわかる隣のサイコパス
内容紹介
もしかしたら、あなたの周りにもいるかもしれない….世間に潜むサイコパスたちが隠し持つ「人格」をまんがでひも解く!本書では、殺人のための殺人を繰り返す凶悪犯や反社会的行為に没頭するような強烈なキャラクターの持ち主ではなく、サイコパスの資質を有していても、犯罪者になることなく市井に生きている人々にフォーカスします。何食わぬ顔で一般社会に潜むサイコパスに見られがちな特徴を有する人物たちを まんがでわかりやすく紹介していきます。自分の前にいざサイコパスが現れたとき思わぬ痛手を負ってしまうことのないよう、その特徴や心理などについて詳しく解説します。
是非、参考にされてください。
スポンサーリンク
おすすめの記事