サイコパスの心拍数と反社会的行動の関係

【この記事は約 2 分で読めます】


スポンサーリンク

サイコパスは心拍数が低い

 

サイコパスは普通の人と比べると心拍数が低いと言われています。どこかの実験によると心拍数が上がりにくい人のほうが犯罪率が高いと話を本で見たことがあります。

 

なぜ心拍数が低いとサイコパスのような反社会性の行動にでやすいのでしょうか?私がみた本で興味深いところがあったので、私なりの解釈で書きます。

 
人は普通なにか悪いことをしようとすると心拍数があがります、例えば最近のよくある話しでは飲酒運転など。

 

警察に見つかるかもしれない、パトカーに追われるかもしれないという不安から心拍数があがり、これはやっぱりやってはいけないんだなと心の抑制が働きます。

 
しかしサイコパスは心拍数が上がりにくい特徴があるため、普通の人がドキドキして躊躇する事を平気で出来てしまうという特徴があるそうです。

 

結果、サイコパスは普通の人の感覚を感じにくいと言えます。

スポンサーリンク
平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学

世の中には平気で人を欺いて陥れる“邪悪な人間”がいる。そして、彼らには罪悪感というものがないー精神科医でカウンセラーを務める著者が診察室で出会った、虚偽に満ちた邪悪な心をもつ人たちとの会話を再現し、その巧妙な自己正当化のための嘘の手口と強烈なナルシシズムを浮き彫りにしていく。人間の悪を初めて科学的に究明した本書は、人の心の闇に迫り、人間心理の固定概念をくつがえした大ベストセラー作品である。

おすすめの記事