【このような事件にサイコパスあり】体操女子・宮川選手。パワハラ受けた18歳「勇気」の主張

【この記事は約 5 分で読めます】


スポンサーリンク

アメフト・ボクシングに続くパワハラ問題が発生

今、このようなパワハラが問題視されている。

 

 

 

一部引用

覚悟の主張だ。体操女子の宮川紗江(18)が29日、都内で会見を開き、日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)と夫の光男副会長(70)からパワーハラスメントを受けていたと明かした。元コーチの速見佑斗氏(34)が宮川への暴力行為により、無期限登録抹消などの処分を受けたことに端を発した今回の問題は大騒動に。

最近、アメフトのタックル問題の内田監督やボクシング山根会長など、上に立つものの人格が問題となっている。事件でいうところのパワハラが問題視されている部分だとは思いますが

 

スポンサーリンク

背景にサイコパスあり

私的には、このようなパワハラ関連ニュースで出てくる数多くの加害者たちは【サイコパス】ではないかと思う部分がある。

 

 

宮川選手に対する塚原本部長らは『なぜ彼女は嘘をつくのか』とコメントがされていましたが、わざわざ宮川選手が世間を騒がせてまで大嘘をつくとは考えにくいと思う。どちらが大嘘つきか見ものである。

塚原夫妻画像

 

どちらにしても真実を見極める必要があるが、だいたい権力を持った人は、圧力でものを言う。宮川選手には真実を語っていただき、このような問題を秘密裏に動かそうとするサイコパス系の方々に適切な対応をしてほしいと願うばかりです。

 

以前にも書いたことがありますが、サイコパスは非常に見分けがつきにくく、発見しにくいものです。今回のような事件をきっかけに、モラルの低い人格者がどれだけ社会的に問題なのか炙り出してほしいと思っています。

 

今回のパワハラ事件ネットの反応は?

 

 

 

 

 

その他関連記事

 

・宮川選手、塚原氏から「家族でどうかしている。宗教みたいだ」

・体操女子・宮川選手18歳衝撃告発で見えてきた不可解なコーチ暴力処分の陰謀

・古市憲寿氏、塚原副会長の『全部嘘』発言に「傲慢さみたいなものが透けて見えた」

 

スポンサーリンク
おすすめの記事